スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

お城の案内人の夏 2017



みなさんこんにちは、お城の案内人です。

8月も後半に差し掛かり、レマン湖周辺も暑い日が続いています。


dentdujaman1.jpg

先日、車を走らせてダン・ドゥ・ジャマン(ジャマンの歯)という山に行ってきました。


pyasage_narcisse2.jpg

上の写真は5月20日の「ナルシスを見に。。。2017 ②」の記事にも載せた写真で遠くから見るとこういった面白い形をしています。


dentdejaman2.jpg

でも近くに行ってみるとこういう風に見えます。この山はtヴォー州、ベルン州、フリブール州をまたがって連なるスイスアルプスの中にある山の一つ。標高は1875メートルです。



この夏は特に旅行には行かなかったけれど、



restaurantduport.jpg

レストランでおいしいお料理を食べたり


arc-en-ciel.jpg

今までの人生で見たこともない大きな虹を見たり


abeille.jpg

アシナガバチに刺されてみたり(笑)


teafromJapan_2017.jpg

父から思わぬプレゼントをもらったり


と思い出多き夏でした。


chillonaout1_2017.jpg

7、8月は多くのガイド予約をいただきましてありがとうございます。

シヨン城は夏だけではなくクリスマスとお正月以外は無休で営業しておりますので、是非今後もご予約お待ちしております。

ガイド予約はこちらから→Guided tour booking request


それからみなさんに新しいお知らせがあります。6月30日よりシヨン城の入場チケットがオンラインで購入できるようになりました。

特別なイベントが行われる日にちなど、当日チケットが買えない場合がありますので是非ご利用ください。

オンラインチケットはこちらから→ONLINE TICKETS



お城の案内人でした



スポンサーサイト
line

08/07のツイートまとめ

Oshiroannainin

久しぶりのスタバ。太ると分かっていてもこういうの買ってしまうんだな〜 https://t.co/SmuoyRRutp
08-07 23:53

line

07/28のツイートまとめ

Oshiroannainin

今日、いつものバス停にバスが止まってくれなくて次のバス停で降りたらすぐ近くの牧場から外に出てた山羊に追いかけられた。めっちゃ怖😱 https://t.co/bUgLr3zk2x
07-28 05:32

line

湖底熟成シヨン城限定ワイン



みなさんこんにちは、お城の案内人です。

添乗員様からも評判のシヨン城限定ワイン。このワインのヴィンテージものが販売されることになりました。


P5133238.jpg

今月13日にそのイベントがあり、お城の案内人もそのイベントに参加してきましたよ。


immersion1.jpg

今回のイベントはシヨン城限定ワイン、「クロ・ドゥ・シヨン(clos de Chillon)」1000本をシヨン城のすぐ隣りの湖底に沈めようというもの。


CGN_05132017.jpg

今回はこのヴィンテージワインを前もって買ってくださったお客様をお招きして、その湖底に沈める様子を船から覗いていただきました。


この写真は財団長室のバルコニーから撮ったもの。そのバルコニーが下

SDD_chillon.jpg

財団長になるとこーんなバルコニー付きのお部屋がもらえるんだな〜。私も財団長になれるようにがんばります! ←って無理か(笑)。


immersion2.jpg

今回は50人ほどのお客様にお集りいただきました。


P5133290.jpg

朝、8時30分から受付を開始して、コーヒーとミニクロワッサンのサービス。


bateau_immersion2.jpg

9時45分に乗船開始です。みなさん、行ってらっしゃ〜い。


bateau_immersion3.jpg

あんな感じで自分たちが買ったワインが湖に沈んでいくのをお船から見ていただきました。上の写真は財団長室のバルコニーから。


P5133758.jpg

おーワインが沈んでいく。これはこの日のためにわざわざ早起きして来てくれた会社の同僚が提供してくれた写真。


P5133837.jpg

ワインがここまで沈みました。この写真はお城の地下室から撮った写真。映っているハゲの人(←失礼か。。。。)はお城の守衛のトニー。


P5133910.jpg

プロのダイバーによって大切に湖底に置かれます。


P5134010.jpg

1000本のワインが完全に湖に沈みました。この日から3年間、湖の中で熟成されます。


ここで皆様にお知らせがあります!


このワイン、まだ買えるみたいなんです!


詳しくはシヨン城のホームページ←クリックしてね!)を見てください。




line

ナルシスを見に。。。2017 ②



みなさんこんにちは、お城の案内人です。

5月も後半。前回はナルシスの群生を見に行ったにもかかわらず見れなかったので開花予想を調べ直してもう一度リベンジ。


Lesavants1.jpg

今回お城の案内人が行ったのは、夏には「ナルシスの道」という名のハイキングコースが人気を呼ぶ「レザヴァン(Les Avants)」。


goldenexpress1.jpg

レザヴァン(Les Avants)に行くにはモントルーからゴールデンパスラインに乗って20分ほど。


sonloup1.jpg

そこからケーブルカーに乗ってレマン湖とフランス領の山々が見える標高1154mのところにあるソンルー(Sonloup)という駅で降ります。


lesavants2.jpg

ここがレザヴァン(Les Avants)の駅のホーム。ケーブルカーの乗り場を探します。


lesavants3.jpg

ここがケーブルカー乗り場。乗り場はすぐ近くにありますが、このケーブルカーのチケットは駅のホームでしか買えないのでご注意を。


sonloup2.jpg

ケーブルカーの中。ぐんぐんと上に登っていきます。


cubly1.jpg

ケーブルカーを降りて森の中を抜けていくとCubly展望台に到着。


cubly2.jpg

Cubly展望台では多くの人達がピクニックをしていました。お弁当持ってくればよかった〜


cubly3.jpg

ここからは湖の遠くの方まで見渡せます。


narcisse_lesavants1.jpg

Cubly展望台から階段を下りて歩いていくとナルシスが見れました。この写真だと良く分からないかな。


narcisse_main.jpg

ほら。これが野生のナルシスです。かわいらしいお花でしょ?


lapin_lesavants.jpg

こんなところに傷ついた兎が(笑)。


lapin_lesavants1.jpg

帰りはきれいな山が見えました。真ん中に見えるギザギザの山はダン・デュ・ミディ山(南の歯)。標高3257メートル。


dentdumidi_lesavants1.jpg

Cubly展望台からしばらくするときつい坂道がありましたが、後ろを振り返ってみるとこーんな景色が。


panneau_narcisse.jpg

途中、「ここを歩いてナルシスの花を摘み取らないで」というパネルを発見。みんな、ナルシスの花は摘み取らないでね。


pyasage_narcisse1.jpg

い〜い天気


pyasage_narcisse2.jpg

帰り道を行きます。


paysage_narcisse3.jpg

うわー。この道は天国に続きそうだ!


paysage_narcisse4.jpg

駅の方に戻ってきました。上の方に見えるのがケーブルカー。


jusdepomme_lesavants.jpg

喉が渇いたので駅の近くのカフェでアップルジュースいただきました。


garedesavants2017.jpg

ここがレザヴァン駅の全体の写真。この日、レザヴァンの駅の前ではナルシスの野外写真展が開かれていて、子供がナルシスの花を売っていました。


shasou_lesavants2017.jpg

さようならレザヴァン。また来年きます。





line
line

FC2Ad

line
プロフィール

お城の案内人

Author:お城の案内人
職業: シヨン城公認ガイド
(2009年3月より正式にガイド登録)
レマン湖を愛して止まない私。ガイドになって9年目。車もないのにこの美しい湖が一番きれいに見える高台で日々格闘中。

このブログの目的: シヨン城に来てくださった方、私のガイドを聞いてくれた方、私を知ってる方との距離を縮めて友好関係を築きたくてこのブログを始めました。

Auteur : Cicérone d'un château

Métier : Guide-hôtesse à la fondation du château de Chillon(Je suis enregistrée en tant que guide officielle du château de Chillon depuis mars 2009)

Moi, qui adore le lac Léman. Je suis guide depuis six ans. La lutte quotidienne dans les sommets" surplombant le magnifique lac sans une voiture en vue.

Le but de ce blog : Pour ceux qui ont visité le château de Chillon, ceux à qui j'ai déjà servi de guide, ceux qui me connaissent, j'ai commencé à écrire ce blog dans le but de renforcer la relation avec eux".

Twitterはじめました


ガイド予約はこちらからhttp://www.chillon.ch/en/

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。